こんばんは。
本日はもう一本書かせて頂きたいと思います。

IMG_1671


我々、風俗嬢のセカンドキャリアについて 。

私自身、周りのサンプルはそんなに多くないので風俗嬢一般としてどうこうとは話せません。
個人の考え方として書きたいと思います。

まずはこちらをご覧ください。

非営利型社団法人GROW AS PEOPLE 

この団体さん、実はちょこちょこ注目して活動の行方をおっておりました。
twitterでも中の人のつぶやきを見ていたり。

将来に不安を覚えていて、でもこの仕事しかする事がない。。
そういう人はこういう活動団体をどんどん利用するのがいいと思いますよ。


さて、紹介はこのくらいにしておいて、私の夜の仕事に対する考えについてですねw

 私は、夜の仕事自体に関しては悪い事だとは思っていません。

もちろん、嫌で嫌でたまらないけどしょうがなくてって人も居るでしょうが、私はそうではありません。
自分に与えられた職業選択の自由に基づいて、効率的に稼げるこの仕事をしています。

さて、そんな私は一般にいうアバズレで行き当たりばったりで考えなしなのでしょうか?


親がどう思うか、兄弟がどう思うか、そういう精神論は排除します。


東京でのアルバイトで考えても、時給は高くて1700円が限度でしょう。
つまり、8時間労働として考えた場合、日給13600円が限度。
13600×最大20日程でしょう?すると月272000円。
これは額面の話ですし、かつ、ある程度スキルがある、アルバイトというより派遣労働という恵まれている場合で、です。

そこが時間単位での労働の頭打ちなんです。

しかし、正規雇用になってくると時間の経過とともに月給は上がり、スキルも身に付きます。
ここを考えると、ある程度の期間勤務した人の月給やスキルの資産的価値が、私の月給を上回る瞬間がくるでしょう。

でも、ねえ、それは一体何年後なんでしょうね??
人生は長いです。現役ストレートという綺麗な人生ならそうなるのが一番なのかもしれません。
でも、現役ストレートの人の初任給からの生涯年収と、風俗経験で稼いだお金+中途入社での生涯年収、どちらが生涯年収の合計としては高いでしょうか?

それで、私は若い間の数年を、一番効率的に稼げる性産業に捧げています。


ここで、前提になるのは、「自分のセカンドキャリア」を考えるという事です。

性産業に従事出来るのは外見次第ですが、40歳が限界じゃないでしょうか?
何歳でセカンドキャリアに移行するか、自分のセカンドキャリアは何の道にするのか?、社会上のブランクをどういった形で埋めるのが良いのか?、どういった知識や技術が必要になるのか?、学歴でのハンデがあるなら通信制という選択肢はどうか?、などなど準備していきながら働くといいかなと思います。

セカンドキャリアとか偉そうな事言ってますけど、別に愛人になるとか(法的に経済的安定が約束される物ではないのでおすすめしません)、結婚するとかでもいいんですよ。

私の場合は、なりたい職業があるのでその勉強をしながら。
今はその予備校での授業を受けながら、働いています。 

辞める時に、うまーく表社会にとけ込めたら(勿論いくつか大きなハードルはありますが。)、生涯年収で考えると断然一般サラリーマンより高いはずです。


私は、生涯年収を極力あげたい。
そういう想いで働いています。


さて、改めて言いますが、私は風俗の仕事はただの性産業業界くらいにしか思っていません。
もちろん、割り切れない事だってありますけど、お金が短期的に稼げる効率的な職業です。


偉そうな事は言えませんけど、40歳になったとき、そこから先の人生をイメージしながら生きる事が大事な事なんじゃないでしょうか?